トップ

子どものアトピー改善

大人と子どものアトピーの違い

原因も症状も違う大人と子ども

日本では、5%から20%の子どもがアトピー性皮膚炎の症状を起こしていると言われています。
その治療方法も実に数多くの情報が飛び交っていますが、中々簡単にコントロールできないのがアトピーの症状ですね。

アトピーにおける悩みをお持ちならこちらをどうぞご一読くださいね。

まず概して、子どものアトピーと大人のアトピーでは原因が違うということをご存知でしょうか?
ケースバイケースで、その方によってアトピーの原因は違うということもあります。

また、子どもの頃に発症して大人になっても症状が続いているケース、大人になって発症するケース、子どもの頃一度治っていながら大人になって再発するケースなど、その背景もさまざまです。

ですから断定することはできませんが、子どものアトピーは、食べ物が原因であることが多いのです。大人のアトピーはダニやハウスダスト、花粉や空気汚染などの生活環境が原因であるケースが多いです。

湿疹のできやすい部分は大人も子どもも同じですが、症状はそれぞれに違います。
子どもの場合には、まだ皮膚のバリア機能が未熟なため、アレルギーが引き起こされて皮膚を描いたあとが傷ついて、ジクジクすることが多いのです。
大人のアトピーでは、痒疹と呼ばれる、円形で赤く盛り上がる湿疹が現れる場合があります。

このように、子どもと大人ではアトピーの原因も症状も違います。
ちなみに「アトピー」という言葉は「不特定な、定まらない」という意味のギリシャ語に由来しています。

アトピーはまさに、特定できない多様な原因と症状が特徴のアレルギー症状です。子どもと大人が同じ治療を受けても、同じ効果は得られません。年齢に応じた治療のチョイスが大事です。

Copyright © 大人と子どものアトピーの違い. All rights reserved.