トップ / 入浴時に気を付けること

子どものアトピー改善

入浴時に気を付けること

子どものアトピーを入浴で改善

アトピーで乾燥したお肌の状態の時にお風呂に浸かるのは、ほっと生き返る思いがすると思いますし、親子で入るお風呂タイムは楽しいものですね。
しかし、お風呂は入り方によって悪化要因にもなりますので、効果的なお風呂の入り方を見て行きましょう。

まず、皮脂はお湯で溶けますから、あまり熱いお風呂には入らないようにしましょう。
入浴時間もあまり長くならないように。お風呂で温まって体温が上がりすぎると血流が急に良くなってかゆみの原因になります。

擦りすぎもよくありません。アトピー肌は皮脂が少なくバリア機能も弱いお肌ですから、実は石鹸は必須ではありません。お風呂の中で自然に汚れが落ちる程度で皮脂を温存した方が皮膚のよい状態が保てます。入浴の頻度も汗をたくさんかいていなければ毎日でなくてもよいでしょう。

ただし、引っ掻き傷があって浸出液がある場合などは、雑菌の感染によってさらに傷口から悪化してしまいますからこの限りではありません。
消毒が必要な場合もありますから、これはお医者さまに相談する必要があります。

お風呂に入浴剤を入れるとしたら、保湿効果のあるものを選びましょう。
ハーブティで人気のカモミールには保湿効果があってお肌にとてもよいものです。市販のものもありますが、手作りもできます。ハーブ専門店では大袋に入ったカモミールを入手できるので、これを濃いめに煮出したものを毎日のお風呂に入れると癒し効果もあって素敵なバスタイムになりますよ。

お風呂から上がったら、身体をタオルで擦らず優しく水分を取るようにしましょう。

そのあとの保湿はとても大事です。お風呂上がりの皮膚には水分が含まれています。これが蒸発する前に手早く保湿しましょう。ローション、ミルク、クリーム、ゲルと色々な保湿剤がありますが、お肌の状態、季節によって適切な保湿剤が違ってきますので、ぴったりのものを根気良く探してくださいね。

Copyright © 大人と子どものアトピーの違い. All rights reserved.