トップ / 衣類やパジャマにも気をつける

子どものアトピー改善

衣類やパジャマにも気をつける

痒くならない衣類やパジャマ

子どものアトピーを改善してゆくのには、日中の衣類やパジャマにも配慮が要ります。

衣類は汗をよく乾かすために、なるべく薄着にした方がよいでしょう。炎症を起こした皮膚には熱がこもっているので、アトピーの子どもは暑がることが多いのです。そして、かいた汗が衣類の中にこもっていると蒸れて余計に痒くなります。

ですから、衣類はなるべくゆったりと風通しのよいデザインを選び、手首足首がギャザーで締まっているような形が避けます。
衣類に着いたレースやフリルなどの飾りが触れて痒くなることもありますので、シンプルなデザインを選びましょう。

素材はなんといっても自然素材が一番です。中でも柔らかな綿100%が一番です。化学繊維には汗を蒸発させやすくする機能性の高いものもありますが、肌触りはあまり良くないですね。
パジャマも綿100%のもの、あるいはアレルゲンでなければシルクがおすすめです。
シルクのゆったりとしたパジャマを着て、パジャマの下には何も身につけないようにしてみてください。汗がこもることなく、暑さによるかゆみが軽減されることが期待できます。

また、新品の衣類には染料や糊など刺激になるものが付いています。新しい衣類を着る前には必ず一度洗濯をしましょう。
他に、肌着など直に肌に触れる衣類は、裏返して着るのもアイデアです。敏感な肌には衣類の縫い目や縁が刺激になりますので、裏返すことで滑らかな肌触りになるのです。

アトピーのお子さんのいるご家庭では色々と配慮が要りますし、ぽりぽりと肌を掻いているお子さんを見守っているお母さんには大変なストレスがかかっています。

ご紹介したケアは、アトピー肌だけでなくどなたの身体にとっても優しいものばかりですね。お子さんのアトピー改善のため。とあまりストイックにならず、家族全員が身体に優しい生活をしよう。というスタンスでゆったりと取り組みましょう。お母さんの優しい、リラックスした雰囲気はお子さんにとって一番のお薬になることでしょう。

Copyright © 大人と子どものアトピーの違い. All rights reserved.